ライフログ 旅行記

広州香港間のMRT高速鉄道での移動について。

更新日:

広東フェアのために香港-広州東間の移動、行は電車の予約が出来ずバスでしたが。
香港への帰路は二日前に紅磡ホンハム行の電車(MTR)を予約していたので快適に移動することができました。

香港から広州への移動も正直そこまで金額が変わらないので電車だったら楽だったなーと思います。
広東フェアへ行こうと思っている人で広州東駅から紅磡(ホンハム)駅までのルートを知りたいという人の参考になればとおもいます。

広州東から香港までの旅路

広州東駅

香港から広州行きのチケットを買うなら、空港の旅行会社や出発地である九竜駅や紅磡駅でチケットを買う必要があります。
ですが、広州から香港へ行く場合は当日駅でチケットを購入するのは得策ではありません。

前回の広東フェアの際、あらかじめチケットを購入しておらず当日チケットを買おうとしたら。
結局希望の時刻に出発する電車が満席で朝駅に着いたのに出発するのが夕方というかなりの待ち時間を食らってしまいました。

なので広州東から香港行きのチケットは展示会の会期中。
あらかじめホテルのコンシェルジュにお願いして購入をしてしまったほうが良いです。

たまたま、宿泊しているホテルのコンシェルジュのリュウさんと仲良くなっていたので。
通常は手数料がかかるところを、手数料なしでチケットの手配をしてくれました。

チケットには、「特等席」と「一等席」がありますが、体調の悪いメンバーもいたので特等席で手配しました。
片道200元くらいです。

広州東香港間のチケット

広州東駅では、香港行きと中国各地へ出発している乗り場があるので乗り場を間違えないように注意が必要です。
基本的に香港行きは広州東駅の一番上の階が乗り場になっています。
電車の出発時刻30分前になると改札内に入ることができます。

香港行は最上階です。

オレンジジュースの自動販売機

待合所には生のオレンジを絞ってジュースにしてくれる自動販売機がありました。

一昔前では海外で、自動販売機のようにお金と商品が入っている箱を置いておくなんてかんがえられない。
というような話を聞くことがありましたが、今の中国では至る所に自動販売機があります。

ホテルのリュウさんの紹介で知りあった自営業をしている通訳の方も。
中国では自動販売機ビジネスがこれからもうかるといっていました。
特に儲かるジャンルはエロ本を販売する自動販売機だそうです。

出国審査の待合所

そして、中国国内から香港へ行くには国境があるので電車の改札が空いたら早めに入国手続きをすませましょう。
入国手続きが終わると待合所があるので電車が来るまで時間をつぶします。

香港行の電車

電車は結構でかい電車です。行先もしっかり表記されているので乗り間違えることはないでしょう。

MRTの中

クッキーと水

特等席はかなりゆったりとした席になっています。
場合によっては向かい合わせの4人席になることもあるようですが今回は窓側の一人席でした。
電車での移動時間は約2時間ほどで途中カップのお水とクッキーが出てきます。

香港への入国手続き

夜のホンハム駅

ホンハム駅についたら入国審査をして香港入りです。

スポンサードリンク

こちらの記事もどうぞ!

-ライフログ, 旅行記

Copyright© under-Q , 2017 AllRights Reserved.