ライフログ 旅行記

広州の治安は悪い?夜遊ぶ場所はあるのか? 広東フェア旅行記

更新日:

展示会が終わってホテルに戻った後、夜ごはんを食べるために広州の街へ繰り出すことにしました。

夜の広州の治安は悪いというネットの書き込みが多いのですが、実際のところはどうなのか。
夜ごはんを食べに行きがてら街の中をぶらぶらしてきました。

広州観光を考えている方の参考になれば幸いです。

広州の治安は悪いのか?

結論から言うと、夜の広州の街の治安はわるくありません。
街中には夜遅くまで沢山の人がいて、道端の屋台やスーパーマーケット、飲食店など。
下手に路地裏に入り込まなければトラブルに合う確率もかなり低い街です。

大通りはかなりの交通量があるので、事故には注意が必要です。

車が結構多い。

横断歩道では車がいないタイミングを見てみんな渡っていきます。
道端では多くの屋台が、「串に刺した肉」や「肉まん」などを販売しています。
どれも、展示会場やホテルで食べるより格安。
実際、展示会のシーズンは海外からお客が来る店やホテルは軒並み値段が跳ね上がるので現地の通訳の人も驚いていました。

串焼きのお店や、よくわからない物を売っているお店など。

羊の串

露店の飯

そしてデパートでは、広州の日常的な風景も垣間見ることができます。

広州のショッピングモール

広州にあるスーパー

地下にはフードコートなどもあるので、安く済ませたい場合はお勧めです。

中国では有名な激辛鶏肉のチェーン店や、さまざまな具を選んで作ってもらうスープ?のお店など。

中国では有名な激辛鶏料理店

よくわからない鍋や

どれも値段は格安です。

ちなみに、夜の街というと「KTV」などを想像する人もいると思いますが。

それ専門のブログを見てもらうとわかるのですが、基本的に今そのようなサービスを行っているホテルなどは少なくなっているそうです。
下手すると捕まっちゃうらしいのでもし行くなら注意してくださいねw

キャバクラみたいなものは普通にありますし、日本語も通じるので興味があれば行ってみるといいと思います。

やはり中国なので中華料理を食べることにしました。

広州の街中にある中華料理店

中華料理店の入り口

紹介された人気店が人が多すぎて入れなかったので、街中にある中華料理屋に入ってみました。
普通の中華料理から、虫やナマズといった料理まで多種多様なメニューがありました。

メニューには川魚やナマズもある

ビールや安いしうまい

ちょっと気持ち悪かったので、虫のメニューの写真は撮りませんでしたが。
写真で見ただけで結構気持ち悪かったです。
文化が違うとこんなに感覚って変わるんだなーと思いました。

夜食にマックを買って帰る。

マクドナルドも中国限定メニューあり

ちなみに、街中には「スターバックス」や「マクドナルド」などのチェーン店がいたるところにあるので、ちょっと中華に飽きたなってひとはマックに行けばいいと思います。

というわけで、夜遊びするお店はあまりないですが治安は悪くないので路地裏に入ったり知らない人についていかない限りトラブルに巻き込まれることもないでしょう。

水上クルーズをしながら広州の夜景を楽しむ。

船で川を遊覧できます。

ちなみに、広州の街中からちょっと北上したところに水上クルーズもあります。
船に乗って、お酒を飲みながら広州の夜景を楽しむのもいいでしょう。

水上クルーズの屋上

広州大橋の下もくぐります。

街中は結構イルミネーションでライトアップされているのできれいです。

夜の広州タワー

水上クルーズは事前に予約が必要なので、ホテルのフロントにお願いして予約してもらうといいです。

フォーシーズンズのバーもネットが使えて便利です。

地上100階にあるバー

バーカウンターにはお酒がたくさん

ホテルフォーシーズンズのバーでは、フェイスブックやツイッターなどが使えるwifiが飛んでいるバーがあります。

これが結構便利です。
ちなみに、ホテルのロビーは70階にあるので、70階のエレベーターからボーイさんに「バーへ」って伝えると。
100階のバーがあるフロアまで連れて行ってくれます。

通常は100階に止まらないエレベーターになっているのでスタッフに声をかけてみてください。

ホテルの70階にあるロビー

バーの中の様子

以上、夜の広州についてでした。

スポンサードリンク

こちらの記事もどうぞ!

-ライフログ, 旅行記
-

Copyright© under-Q , 2017 AllRights Reserved.