アフィリエイト アフィリエイトの基礎知識

そもそもアフィリエイトって何?基礎知識を身に着けよう。

更新日:

アフィリエイトとは「広告」をウェブ上に掲載し、その「広告」がクリックされたり広告で宣伝している「商品」が売れたりすると「報酬」がもらえるビジネスのことです。

アフィリエイトのメリットは販売する商品やサービスを紹介するだけで報酬を得ることが出来ることです。

アフィリエイトでは「サイトの管理費」を除けばほとんど費用が発生することはありません。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトの基本的な流れについて。参照:アフィリエイト大全

アフィリエイトを始めるにはどうすればいいのか?

実際にアフィリエイトを始めるには、まず下記のような「広告」を掲載するための「広告媒体」を用意する必要があります。

広告を掲載するための媒体

  • サイト
  • ブログ
  • SNS
  • メルマガ

媒体の次に必要なのが「広告」です。
アフィリエイトの「広告」を取得するには「ASPサービス(アフィリエイトサービスプロバイダ)」を利用する必要があります。

ASPサービスとは、商品やサービスを宣伝してほしいと思っている「広告主」と「あなた」をマッチングしてくれるウェブサービスです。

アフィリエイトを始めるにはこのASPサービスに登録をする必要があるのです。

広告を取得するためのASPサービス

  • A8.net
  • moba8.net
  • アフィリエイトB
  • レントラックス
  • バリューコマース
  • バナーブリッジ
  • アマゾンアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト

このように色々な会社がアフィリエイトの広告を仲介してくれているのです。

入金されない?不正?詐欺?アフィリエイトの黒い部分

アフィリエイトを始めるには、「広告媒体」とASPサービス登録後に取得する「広告」が必要になります。
で、人によってはこのASPサービスに「住所」「氏名」「口座番号」などの個人情報を入力するのが怖いという人がいます。

これには、アフィリエイトってそもそもなんか怪しい。
詐欺なんじゃないの?っていうアフィリエイトに対する「イメージ」が先行している事が関わってくるのではないかなと思います。

で、結論から言うと、詐欺みたいな事をやっている人もいますが、ASPサービスに関してはほとんどの場合ちゃんとした会社が運営しています。

ちなみにA8.netとかはファンコミュニケーションと言う会社で1部上場しているような会社なので言ってしまえば下手なことは出来ないわです。

もちろん、名前も知られていないような小さなASPサービスの場合、報酬が発生したのに入金されないということもあるかもしれませんが、私の印象としてはASPサービスよりアフィリエイターのほうが不正をしていることが多いのです。

つまり、報酬が発生したのに入金されなかった、とか報酬が確定しないのではないかという心配は、まっとうにアフィリエイトサイトを運営していればほとんど心配することはありません。

なので地道にアフィリエイトに挑戦してみたいなと思っている人はしっかりと規約を守って運営をすることをおすすめします。

ちなみに、私も実際のところはPPCアフィリエイトで規約違反をしてしまいアカウントが停止してしまったこともありますが、今ではそのようなことは行っていません。
結局、地道に行うのが一番なのです。

アフィリエイトの歴史は意外と浅い

今でこそ、副業といえばアフィリエイトと言われるくらい有名なアフィリエイトですが歴史は意外と浅く20年位しかありません。
たぶんウィンドウズ95とかが流行って、インターネットが発展し始めた初期の段階でスタートしているみたいなんですね。

色々調べてみたところ、1996年のアメリカでアマゾンが始めたアフィリエイトプログラムが一番最初のアフィリエイトだと言われています。いまのアマゾン・アソシエイトです。

日本ではそれから少し遅れて1999年にバリューコマースがスタートしたのが走りと言われています。
その後、先程紹介したASPサービスのように色々な会社が参入して今に至るんですね。

アフィリエイトとは切っても切れない情報商材や高額アフィリエイト塾という世界

「アフィリエイト」というと、「なんか怪しいな」とか「月収100万円稼げるやつでしょ?」みたいな印象を持っている人がいます。

で、たしかにそのとおりなのですが、そこには情報商材アフィリエイトとアフィリエイト高額塾、そしてそのマーケティング手法の「プロダクトローンチ・フォーミュラ」が一枚噛んでいます。

情報商材アフィリエイトって何?
アフィリエイト高額塾って何?
プロダクトローンチ・フォーミュラって何?

って人もいると思いますので少しだけ説明しておくと。

情報商材とは稼ぐための方法を教えてくれるPDFデータのようなもので、その多くは「この秘伝の書を買えばアフィリエイトで爆発的に稼げるようになる方法が書いてあります。」

という謳い文句で、データを数万円で販売しているものになります。
もちろん、全ての情報商材が悪いとはいいませんが、中にはとんでもないものもたくさんありました。

で、その情報商材をベースにして30万円払ってくれたら、直接であったりグループで指導しますよっていうコンサル?みたいなものが高額のアフィリエイト塾です。

何を隠そう、私自身高額のアフィリエイト塾に入ったことがあります。
まあほとんど意味はありませんでしたが。

で、ここまでであれば特に問題は無いのですが、この高額のアフィリエイト塾を販売するプロダクトローンチ・フォーミュラがかなりの曲者なんですね。

プロダクトローンチ・フォーミュラとはジェフ・ウォーカーというアメリカのマーケターが提唱しているマーケティング手法なのですが、言ってしまえば「リストマーケティング」のことです。

つまり、メールアドレスリストを集めて、そこに対してメールを配信し営業をかけていく。
そのメールアドレスリストを集めるために、無料オファーという仕組みを使ってより多くの人を巻き込んでいくんですね。

つまり、そんな感じの事をしている人もたくさんいるので、軽い気持ちで手を出してお金だけ払って全く稼げないって人が続出しているわけです。

今はどうなのかな?

つまりアフィリエイトって何なのか?をまとめてみると

つまりアフィリエイトとは、あなたのサイトやブログ、SNSで広告を宣伝し、商品が売れたり、広告がクリックされることで報酬が発生するビジネスモデルです。

その中でも、先程説明した高額塾や情報商材の販売の部分が目立っているので「アフィリエイト=なんか怪しい」というイメージが先行していますが、しっかりと情報を配信しているアフィリエイトサイトやブログを作ることで、商品が売れて報酬が発生するものだという事を把握してアフィリエイトに挑戦していってほしいと思います。

スポンサードリンク

こちらの記事もどうぞ!

-アフィリエイト, アフィリエイトの基礎知識

Copyright© under-Q , 2017 AllRights Reserved.