ネットショップ ブログ運用

ネットショップ運営者の一日の流れ。

投稿日:

皆さんはネットショップの運営者の一日の流れがどのようなものかご存知でしょうか?

今回はネットショップの一日の流れを特集している記事がありましたのでご紹介します。

ネットショップ運営者の一日の流れ

こちらは実店舗を持っている作業着屋さんの一日の流れ。

unnei
一日の流れは、
受注の確認から始まり、在庫確認、商品発注
顧客対応、商品出荷といった流れがやはり一般的でしょう。

次は、実店舗を運営している靴屋さんの一日の流れ。

unei2
ページ作り~、受注発注作業まですべて行う場合は一般的にこのような流れになります。

そして実際の店舗がある方は、ネットショップを運営することで実店舗への店舗誘致にもつながり、
在庫を持っている商品をネットで販売することで売り上げアップにもつながります。
また、販売の販路が広がることで在庫リスクも少なくなります。

ネットを利用して実店舗に集客する。

では、実際にインターネットで情報発信することで店舗へお客様を誘致するには何が効果的なのか?

多くの人は、

・ツイッター
・ファイスブックページ
・ホームページ
・ブログ
・メルマガ
・googlemapの地図情報

などなど、多くの手法を試してみると思います。
正直な話、これらはすべてうまく組み合わせて使っていく必要があります。
そして、当たり前ですがこれらの多くは日々更新をしていくことが集客への近道です。

また、実店舗がある場合
ネットショップが同じように存在することで多くのお客様にお店の存在を告知でき
ネットで受けた注文を店頭で受け渡したり、返品交換を店頭で受け付けたり。
商品を送るときに、お客様へアプローチする仕掛けをしたり。

相乗効果で売り上げを上げることができます。

お店を運営している場合ネットショップも同時に運営すべき?

結論から言いますと、運営すべきです。
特に、今の時代は商店街などでお店を行っている方こそ
インターネットショップという販売経路を持つべきだと僕は思います。

どうでしょうか。
インターネットショップで商品を販売したいと思っている人で、
どのように運営しているのか分からない人、個人で趣味の手作り商品などを販売している人は
思い切ってネットショップを運営している会社などでアルバイトをしてみると
どのように運営をすべきなのかイメージが付き、いろいろと改善できるでしょう。

スポンサードリンク

こちらの記事もどうぞ!

-ネットショップ, ブログ運用
-

Copyright© under-Q , 2017 AllRights Reserved.