ネットショップ

ネットショップで商品登録数を増やすことの意味。

投稿日:

楽天市場やYAHOO!ショッピングに新規出店したお店にとって一番大切なことがあります。
それは、「出品商品数を増やしていくこと」です。

そこで、実際にほとんどコストをかけることなく構築する自社のショッピングサイトとYAHOO!のショッピングモールで。
第一段階の月商100万円を超えるまでに行っていく施策について備忘録をまとめてみました。

なるべくお金をかけずにネットショップで商品の販売をしたいと考えている人の参考になればとおもいます。

ネットショップで売り上げを増やすために必要な要素は何か?

ネットショップで売り上げを上げるためにやらなければいけないことは何か?
考えたことありますか?

一般的に考えられることは大体こんな感じだと思います。

・商品力(取扱商品の品質や商品数)
・価格競争力(販売価格)
・モール外部集客力(SEOやリスティング広告対策)
・モール内部集客力(モール内バナー広告やイベント)
・売り場デザイン(ネットショップのデザイン)
・ブランド力(商品や店舗のブランド力)

この中で、初期のネットショップに必要なことは何といっても「商品力」ではないでしょうか。
ここでの商品力とは、品質の良いヒット商品を扱うというよりは、とにかく自分のショップで取り扱う商品数を増やしていくという事です。

出品商品数を増やして行くことの意味とは?

なぜ初期のサイトで出品商品数を増やす必要があるのか?
それは、

「自分のショップへより多くの人が来てくれる間口を広げるため」

です。

特定商品の単品リピートとか、卸売りのメーカーみたいなお店以外の通常の小売りネットショップの場合。
まず、安定的に供給ができる商品の種類をある程度増やしていくことがネットショップで売り上げを上げる第一歩です。
例えば、月に10万円くらいの売り上げであれば取り扱う商材にもよりますがあまり売り上げが上がらないといわれているYAHOO!ショッピングでも300商品くらいアップすれば達成できます。

じゃあ3000商品アップすれば月商100万円、30000商品アップすれば月商1000万円。
と単純に考えればそうなります。

ここで大切なことは、アップしていく商品は「安定的に供給ができる商品」という事です。
例えば一点物などの商材、たとえばハンドメイド系の商材はいくらたくさんアップしても高価格帯の商材でなければ手間に見合った売り上げが付いてこないこともあります。

初期のショップの場合は、たとえば「○○専門店」といった感じで販売する商材のジャンルを選び、ひたすら商品数を増やしていくことで月商100万円であれば比較的簡単に達成できるはずです。

商品の種類を増やしていくことで売れ筋の商材や人気の商材が見えてくる。

商品数が増えてきて、ある程度注文が入るようになってくるとわかることがあります。

それは、「よく売れる商品」です。

ネットショップに商品を出品するとき。

「これはヒットする商品だ!」と思って出品してもあまり売れないことがあったり。
「こんな商品売れるのかな?」と思っている商品が意外と毎日売れていく。

なんてことは結構あります。
いろんな種類の商品を出品していくことで、売れ筋の商材などが見えてくるのです。

例えば、商品単価が数千円の商品の場合。
私の場合は「○○万円級の商品」といった感じで、販売している商品を分類わけしていきます。

例えば、
月に「5万円分くらい売れる商品」=5万円級の商品
月に「10万円くらい売れる商品」=10万円級の商品

といった感じです。
単価が数千円でも、この5万円級とか10万円級の商品がいくつか見つかれば売り上げは安定してきます。

そんな中で、単品の月の売り上げが50万とか100万くらい行く商品も出てきます。
これが、ネットショップの「ヒット商品」と呼ばれる優良商品になります。

例えば、月商が500万とか1000万とか。
それ以上売れているお店の場合でも、意外とヒット商品がたくさん売れていて、売り上げを支えていることはよくあります。

なので、初期のショップではまず売り上げを立ててくれる商品を見つけるためにとにかく商品をアップしていく必要があるのです。

売れ筋の商品が見つかるまでは、扱う商材のジャンルで取り扱いができるメーカーを増やしたりして、商品の供給を安定させることが、小さなネットショップの第一歩ではないかと思います。

スポンサードリンク

こちらの記事もどうぞ!

-ネットショップ

Copyright© under-Q , 2017 AllRights Reserved.